ブログアフィリエイトでニートが自由を手に入れる。

文字が上書きされてしまう…解決方法は簡単でした。

   

Pocket

どうも、さきこ。です♪

 

新年が明けました!

昨年はどんな年だったでしょうか?

今年こそはと意気込んでいる方も沢山いらっしゃると思います。

昨年より、どーんと飛躍した年にしていきましょう!

今年も宜しくお願い致します!

 

え、文字が上書きされちゃう!

さて、今回はブログや無料レポート作成中によくあるトラブルについてです。

集客に必要不可欠な無料レポートやブログの記事。

 

パソコンに不慣れな方もいる中で、

せっせと更新したり、レポートを作ったり…。

やるぞー!って意気込んで作成を進めている途中で…

 

あれ、文字が上書きされる・・・!?

 

なんてことはありませんか?

 

私も最初の頃、ワードやブログを始めたころはよくありました。

 

文章を編集しようとして、間に文章を入れようとすると、

今まで書いてあった文章の上に上書きされてしまうトラブル!

 

なんで!?えーなんで!?と当時は焦りました(笑)

 

ですが、解決方法は簡単なんです。

 

文章が上書きされる解決方法

 

ブログでもワードでも、間違って押してしまうと上書きが有効になってしまう。

それが、「insertキー(インサートキー)」です。

 

どのパソコンにもいるはずなんです。

テンキーがついているパソコンでも、ついていないパソコンでも、

大体右上の方にいるはず…

良かったら探してみてください。

 

word_18

〇で囲んであるのが、インサートキーです。

 

一度でもこいつを押してしまうと、文字が上書きされるモードになってしまいます。

解除の仕方は簡単。

もう一度、インサートキーを押すだけです♪

 

これだけで、今まで上書きされてしまうトラブルに悩まされていた方は解決してしまいます。

トラブルの原因は大体がこいつなので、間違って押してしまった場合は、

もう一度押して解除してしまいましょう。

 

そもそも何のためにあるの?活用法は?

このインサートキー。

結構厄介者扱いされているらしく、

googleで「インサートキー」と検索すると、候補に「邪魔」と出てくるくらい。

「無効化」なんてキーワードも候補に出てきます。

 

でも、使いこなすと意外と便利だったりします。

 

 

文章を丸々書きなおしたい場合、

わざわざデリートしたり、バックスペースキーで消してから書き直す手間が省けます。

住所や電話番号なんかを書き直すときは、そのまま入力すれば勝手に上書きしてくれるので、

使い方によっては便利ととれる・・・かも?

 

 

それでもやっぱり邪魔なものは邪魔なので、

間違って押してしまわないように気を付ける事が一番ですね(笑)

 

テンキーがついているパソコンだと、

数字入力が無効になっている時「0」もインサートキーになってしまうので、

気を付けてくださいね!

 

文字が上書きされてしまうトラブルに襲われたら、

迷わず【insertキー】を押しましょう!

 

 

そんなこんなで・・・

検索してみると、このInsertキーに悩まされている人が多いんですよね。

こんな風に、無料レポートを作っている最中でも、ブログを更新している最中でも、

こいつが邪魔をしてくる、なんてことがあると思います。

 

その他にも、Wordの使い方で悩んでいたり、

どうすればいいのかわからない!操作方法がわからない!

っという方も多いはず。

 

これからはちょこちょこと、操作方法をまとめていこうと思いますので、

何かわからない事や、操作方法でこんなことがわからないよ。

なんていう疑問がありましたら、さきこ。までメッセージください♪

 

調べてもわからない…そんな時は、誰かに聞くのが一番ですからね!

時には頼ることも大切だということを頭にいれながら、

気軽にメッセージくださればと思います^^

 

 

 

メルマガでもお役立ち情報を発信していますので、

宜しければ登録してみてくださいね!

 

↓ここからもメルマガ登録できます↓

そんなこんなで、今回は
文章を書くのに厄介なInsertキーについて、ご紹介しました♪
トラブルに見舞われたときは、こいつを押してみましょう!
見た目ではなにも変化がないですが、
上書きされないようになっていれば、解除成功です♪
ぜひ、やってみてくださいね!

面白い!気に入った!と思ったら、応援お願いいたします!^^
にほんブログ村 小遣いブログ 女子起業へにほんブログ村


↓twitterも結構つぶやいていますので、良ければフォローお願いします♪↓

Pocket

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です