この社会を築いてきた人たちのせいだ。

 

どうも、さきこ。です!

連日25℃超えの気温で、すでに夏バテしそうです…。

それでも食欲だけは衰えないので、自分の体を呪いたいです…。

 

 

 

最近やりたい事、やらなきゃいけないことが多すぎて、

頭の中がぐるぐるしています。

こっちも進めたいけど、これもやらなきゃ。

でもこれも放置できないし…みたいな。

 

プロフィールも最初に書いたきりなので、

とても見づらいし、解りづらいなぁと…。

 

私の知り合いと精神疾患について

 

 

プロフィールでも書いてますし、

普段からちょこちょこ話題には出しているのですが

私は昔役者をしていました。

 

幸い先輩たちには恵まれて、とても楽しい思い出も沢山あります。

客演(劇団員ではないけど公演にでてくれる役者さん)も、

楽しい人たちがほとんどでした。

役者って個性強いですし(笑)

 

 

そのなかでも、とても印象に残っている男性がいまして。

劇団内ではかなり年上なのに、ものすごい弄られ役。

殺陣も芝居もうまいわけではないけれど(すみません)、

その場にいると和むというか…や、和まないな…(笑)

 

とにかく面白い人がいたんです!

年齢=彼女いない歴の男性です(笑)

 

 

いつも笑わせてくれて、

こんな年下のガキに弄られても嫌な顔一つせずに突っ込んでくれて

今思えば笑いっぱなしだったなぁと…。

 

 

その人も業界を離れて、

一般の仕事に転職しました。

私が劇団をやめる前に一度飲みに行ったきりですが、

今でもツイッターなどでお話しさせてもらっています。

 

 

あんなに楽しかった人が。

あんなに笑わせてくれた人が。

 

 

 

改めて、この社会は腐ってるなと思いました。

 

確かにその人は性格に難ありですが、そこまでされる筋合いはありません。

ちゃんといい人です。

 

 

 

仕事場の人間関係等の理由で、適応障害になってしまったそうです。

 

適応障害

適応障害は、ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れるものです。たとえば憂うつな気分や不安感が強くなるため、涙もろくなったり、過剰に心配したり、神経が過敏になったりします。また、無断欠席や無謀な運転、喧嘩、物を壊すなどの行動面の症状がみられることもあります。

参照:適応障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス – 厚生労働省

 

要するに、ストレス等の体にかかる負担が大きすぎて、

その場その場に体が適応できなくなってしまう事です。

自分ではわかっていても、感情や行動が制御できなくなってしまうもの。

 

 

そこまで追い詰めたのは誰だよって、正直本当に腹が立ちます。

 

私はその人の知り合い程度の人間ですが、

そんな風に追い詰めるのが当たり前の社会になってきているのが、

嫌で嫌でたまらない。

 

 

でも話を聞いてみると、

転職する気はあるものの、次も同じ職種を望んでいるそうです。

 

 

あ、そこでまた同じ辛くなるかもしれない環境に身を置くんだ…。

反射的にそう思いました。

 

もちろんそうではない会社もありますし、

全てが悪いと言ってしまうと語弊があります。

 

 

 

ですが、私の周りの大切な人たちは、

その人たちよりも年上の人に苦しめられ、悩んでいる場合がほとんどです。

 

若い子が云々みたいな話じゃないです。

今までこの社会を築いてきた人たちのせいで苦しんでいます。

40代~50代。さらに上の世代。

 

 

人の気持ちをわからないのはどっち?

人の気持ちを踏みにじるように、

人を道具のように扱うのは誰?

 

 

 

政治家も、みんなそのくらいの年代。

おじいちゃんと呼んでもおかしくない人たちもわんさかいます。

 

 

政治の話に口を出すのは論点が違うので書きませんが、

若い人や、まだ将来がある人がどんどんつぶされていっているのを、

改めて、目の当たりにしています。

 

家族も、友人も、知り合いも。

 

 

 

 

でも、そこから抜け出す方法を探らないのもどうかと思うんですよね。

恨み屋本舗じゃないですが(笑)、

耐えられないなら、相応の復讐をしてやればいい。

 

それは、本人が幸せになることです。

 

お金に不自由せず、時間的にも精神的にも余裕があって、

嫌味を言われようがなんだろうが笑顔で聞き流せるような、

そんな状態になる事です。

 

 

 

もうあんたらなんかに縛られないよ。

あなたたちがしてきた仕打ちはもう痛くもかゆくもないよ。

 

 

そんな風にスルーできれば、

相手も相当のダメージなんですよね。

相手が、

自分がいなきゃこいつはダメだ、とか

自分よりこいつの方が下の立場のくせに、なんて

見下している場合は特に。

 

 

 

だから私も、必死に勉強してきました。

そして成果を出すことが出来ました。

最初に成果報告をしてからも、

クリック数も持続していますし、成果も出ています。

 

それは、みんなへの恩返しがしたいとか、お礼がしたいという思いの他にも

見返してやりたい、こいつに復讐してやる。

なんて、汚い思いがあったのも事実です。

 

 

でも、私はそれでいいと思っています。

相手を傷つけるのではなくて、自分が幸せになることで相手を見返す。

自分が幸せに、余裕を持つことで、相手に絶望感を与えられる。

 

 

 

私がホームレスになったきっかけの相手がまさにその対象でしたが、

私の順風満帆で幸せだという現状をしって、何かを察して落ち込んでいたようです。

 

 

 

復讐って、悪いイメージがありますが

それだけじゃないんですよね。

ケンカも、相手を貶めるケンカもあれば

お互いの仲を深めてくれるケンカもあります。

 

 

そこで私が選んだのが、

自分が自由に、幸せになれるための復習でした。

それをするには、どこかに所属して勤務するなんていう方法は考えられなかったので

必死に模索しました。

 

そこでたどり着いたのが、アフィリエイト

 

例えうつ病でも、社会復帰できなくても、

そのうつ病が治らなくて一生付き合っていかなきゃいけないとしても…。

 

 

 

幸せになれる方法はあります。

 

 

 

確信があるから、突っ走れるんです。

 

 

復讐の為、家族の為、友達の為、恋人の為、自分の為。

 

理由はなんでも構わないけど、

目標を持つことで、人ってがむしゃらになれます。

 

 

 

同じ職種で、違う場所に転職するより、

そこから抜け出す方法を考えた方がよっぽど利口だと思うんですよね。

 

ましてや、自分を適応障害に追い込むような社会には、

どうしても身を置きたくありません。

 

 

意地っ張りで負けず嫌いなのも、

こういう場合には役に立ちますね(笑)

 

 

 

ぜひ、自分の生活のあり方。

将来のあり方。

現在の周辺を取り巻く状況。

あなた自身のやりたい事、達成したい事。

 

それらを考えて、考えて、

今のままでは無理だと感じたら、

アフィリエイトをするべきですし、もっと必死になるべきです。

 

 

今を変えるのは自分だけです。

 

 

きちんと判断して、

今まで生きてきた時間よりも長い、これからの人生を謳歌していきたいですよね。

 

 

 

では、今回はこの辺で。

 

精神疾患は、普通の人でもなり得る病気です。

なってしまった人は、みんな「まさか自分がかかるなんて」と口をそろえて言います。

そうなる前に、自分で決断してみてください。

 

 

では、さきこ。でした!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 椎名あい。 より:

    こんばんは、さきこ様。

    椎名あいです。

    私も適応障害でしたよー♪

    今は笑い話にしていますけど、2桁近いくらいの病状があっての適応障害だったので、
    白い部屋にずーっとぶち込まれていたことがあります(笑)
    手足拘束の点滴生活は私にたくさんのものを与えてくれましたね。

    そのおかげで、今笑って過ごせているんですけどね……

    『 適応すればいい 』『 適応するように更正すればいい 』

    これって正解でもないんですね……単なる1つの答えです。

    社会ってどこでもありますからね。ネットもいわゆる社会です。

    まぁ、自由度がとっても高いので

    現実と比べると、そうそうストレスもないかなって思われがちですけど

    実は合ってないと溜まっちゃいます。……まぁ、適応してないとってことです。

    心身ともに合わせにいけば……って話しですけどね。

    それでも、現実の社会で雇われ側ならば分かりますが

    自分のせいでもあり、他人のせいでもある。

    他人を変えることは他人次第。

    自分を変えるのも自分次第です。

    ……無責任と思われますが、変わる意志がないと変われないのが事実です。

    さきこ様の文面を見ると

    不安が残るやしれませんが、しっかりと意志を強く持てていますね。

    そこが強さでしょう。ブレなくなっている。

    ふふっ……成長って素晴らしいですね♪

    影からこっそり見守らせていただきます……!

    応援完了です……!

    それでは、また……ーー

    椎名あい

    1. さきこ。 より:

      椎名あい。さん

      こんにちは!
      いつもお世話になっております♪

      そんな入院生活を送られていたんですね…。
      姉が精神病棟の看護師なので、少し話は聞いたりします。
      ですが、退院して、あいさんのようにポジティブに、
      笑い話として話せているのはすごいなぁと思います。

      私も鬱は笑い話ですが、
      入院してしまったらどうかわからないなぁ…。
      想像するしかできないんですけどね(苦笑)

      ネットの社会が合わないとストレスが溜まってしまう。
      実は私の彼がそうでした。
      早く作業しなきゃ、はやく理解しなきゃ。
      他にも、動画サイトを見ていてもコメントを見ていても、
      動画を投稿できている人がいることや
      コメントできている人がいるということ自体がストレスだったみたいで…。
      本当に、一つの社会ですね。

      考え方、とらえ方によっては、
      このネットの社会でも縛られてしまう人がいますから。

      無責任なんてとんでもないです。
      変わろうとしなければ変わらないし変われない、私も同感です。
      私も彼も、やっと自分の病気のことを受け入れられて、
      改善していくにはどうしたらいいのか、
      変わるためにはどうすればいいのかと模索しています。
      やっぱり、自分の意思次第なんですよね。

      有難う御座います。
      そういって頂けると、なんだか自信がでてきます(笑)
      段々ブレないように、強くなって来れていたら良いなぁ。

      私も何かあるたびに、
      椎名さんのアフィリエイト病院、お邪魔させてもらってます♪
      こちらこそ、宜しくお願い致します!
      応援も有難う御座います!
      頑張ります!

      さきこ。

コメントを残す

*