大切にできていますか?知識・技術・人との繋がり

 

どうも、さきこ。です!

 

本当は昨夜のうちに記事を更新する予定だったのですが、

遅くに作業を始めたのと、

案外手こずってしまったため、

本日のこの時間になりました(笑)

 

 

さてさて、前回更新した日記の事…

友人が住む地方について少し書こうかなと思います。

もちろん、アフィリエイトにも関係あることなので、

読むことをお勧めします。

 

 

驚くべき仕組みとアフィリエイトの関係性?

 

私が手伝いに行ったお家は、

東京からでも電車で1時間ちょっと。

山梨と神奈川県の県境です。

 

そう聞くと、そんなに田舎でもないじゃない。って思うんですが…

まぁー山道ばっかり(笑)

 

私は港町で育ったので、山の中は新鮮でした。

 

 

そんな田舎だからこそ、コミュニティー、人付き合いって大切にしますよね。

村とかだと、村民みんな知り合い、とかあるみたいですし。

 

 

私が行ったのはさすがに村ではありませんが(笑)、

まぁ…ドがつくほどの田舎でした。

きっと子供たちの遊び相手は、自然なんだろうなぁという感じ。

 

 

そんな片田舎で流通している、あるものの存在に驚いたわけです。

そのあるものとは、「地域通貨

地域通貨(ちいきつうか)は、法定通貨ではないが、ある目的や地域のコミュニティー内などで、法定貨幣と同等の価値あるいは全く異なる価値があるものとして発行され使用される貨幣である。 西部忠によれば、おおむね以下のような特徴を有するという。

地域通貨 – Wikipedia

私は存在すら知らなかったので驚きました…。

 
地域通貨にも色々な形があるようですが、

その地域では「通貨の形」はありません。

 

専用の手帳にメモをして、通帳のように使うそうです。

「○○さんに△△を200ポイントで譲ったor買った」

とか

「診療所の診察代は、一部地域通貨でいいですよ」

とか。

 

 

その他にも、楽器を教えてもらうとか、

家具を作る時の材木の端切れを譲ってもらったとか、

使い道はなんでもいいようです。

 

 

その人がいいと言ったら、地域通貨でいいそうです。

 

つまり、

自分の持っている技術・知識・所有物を売っているわけですね。

 

でもそれは、実際にお金としては使えません。

 

その代わりに、

「この前この人に○○を地域通貨で貰ったから、こちらもお返しに地域通貨で大丈夫です」

なんていう、困ったときはお互い様だろ?というような、

お返しをしよう、繋がりを大切にしようという輪ができていくんですね。

 

 

自分の知識や技術で喜んでもらえるなら、という思い。

地域の人たちの絆を深めようという志から生まれたそうです。

 

都会であれば、十分お金になるのになぁなんて思うものもしょっちゅうです。

 

 

しかもその地域では、メーリングリストも取り入れているとか。

その地域通貨を利用している人は自分のメールアドレスを登録していて、

「沢山収穫できたので、畑のお野菜を譲ります」

「引っ越しするにあたって家具がないので、捨てる予定の冷蔵庫ありませんか?」

なんていうやり取りも地域間で一斉送信できるのだとか。

 

 

 

いやぁ、すごい仕組みだなぁと…。

 

 

薄い手帳に手書きで、名前と譲ってもらったものと金額が書いてあったのを見せてもらって

正直「マジかよ…」って思ったのはナイショです(笑)

 

 

 

ですが、この仕組み、以前も記事にしましたね。

読んでいない方はこちら↓

参照記事:あなたの知識は大切な財産です

 

 

 

そう、この地域の人たちは、

昔から仕事にしてきた大工仕事や農業、楽器の演奏技術などを

地域通貨という形で販売しているんですね。

 

言ってしまえば、形のない物。

ある意味情報商材と一緒です。

 

 

それと同時に、ビジネスに必要な人との繋がりも大切にしています。

アフィリエイトに必要な二つの要素を持ち合わせている人たち、ということ。

特殊な知識や技術を持っている人やお店なんかは、

やはり人が寄ってくる人気者だそうです。

 

 

 

話を聞いていると、

そこの地域の人たちも口をそろえて、

生きるために働きたくもんじゃない、そういっていました。

自分の人生はもっと素敵なものをみたり、聞いたり、

素敵な人と触れ合ったり、笑ったりするために使うものだよって。

 

 

 

本当にその通りです。

 

 

 

でも、都会に暮らしていると、そういうわけにもいかないんですよね。

 

田舎ほどご近所付き合いなんてないし、

ましてや物価が高くて、お金がなければ生活できません。

 

 

思い切って移住…っていうのも、簡単にはいきませんしね。

 

その町は本当に自然で溢れていて、人も温かくて、

すごくすごく素敵なところでしたが…

私には綺麗すぎて、長居はできそうもなかったです(苦笑)

 

 

他にも、いろんな理由で引っ越せない人はいっぱいいます。

実際都会の方が便利ですし、人付き合いが苦手な人には住みやすいですし。

 

 

 

だからこそ、雇われずに生きていくすべを身に着けていくんです。

 

 

 

twitterでは、今年度の新入社員が全員退職したという呟きを見ました。

そこは本当にブラック企業だったようで、みんな悟ったのでしょう。

でもその呟きの本人は、

ブラック企業だという事を隠そうと必死になっていたようで、

新入社員が全員会社に馴染んだら、自分が辞める予定だったようで…。

結局、辞められずじまいですね。

 

 

 

とっとと辞めてしまえばいいのにと思いますが。

 

 

辞めるにも、他に収入源がないと生活できないんですよね。

自分で生きるすべを身につけていないと、

辛く、縛られた環境にさらに羽交い絞めにされていきます。

そのまま人生を消耗していって、

いつか体を壊して再起不能になるか、

よぼよぼになってから自分のやりたかったこともできずに生涯を終えるか。

この2パターンでしょうね。

 

 

 

集客ももちろん大切です。

でも、集客の為にインプットしているわけではないんです。

自分の財産にするためにインプットするんです。

そしてアウトプットする際に、他にも学ぶことが沢山出てきます。

 

 

結局、学ぶことが多いのはインプットした時よりも、

アウトプットした時。

 

 

そしてその学んだものはすべて、知識としてあなたの脳内で、

形のない財産となっていきます。

 

 

その財産からは、いつでも収入が得られるようになっていくんです。

 

 

こういったブログも、メルマガも、実際には形のない物です。

ですが、私が文章を書く技術と知識があるからこそ、生まれるものですよね。

例えこのブログが突然消えてしまっても、

時間はかかりますが…また一から再構築して、収入減にしていくことは可能です。

 

私の中には、その為の知識があるから。

 

結局人が人らしく生きていく為の要素は、

地域通貨でも現金収入でも、一緒なわけです。

 

 

 

インプットにずっと時間を割いている人は要注意です。

 

 

積極的にアウトプットして、

存分に吸収していってください。

 

 

では、さきこ。でした!

 

 

PS.

そんなこんなで、お手伝い第二弾の写真を…(笑)

リフォーム1

男性陣は、主に木材を扱って、畳の隙間を埋めていく作業…。

この部屋も最初は畳なんてありませんでしたから(笑)

ちなみに、この木材も畳もすべてもらい物だそうです…どういうことなの。

 

 

リフォーム2

そして女性陣は、キッチンの床をリフォーム!

床板が見た目的に汚すぎたし、前の住人の使った跡が丸々残っていたので、

上から木目のパネルを貼り付けていきました。

めっちゃきれいにできたー!って大喜びです(笑)

 

 

 

そんな間にもちらちらネタを練っていたり、

携帯で文章書いたりしていましたが、

ふと顔をあげると…

リフォーム3

この景色。

なんかもう、なんでもいいかってなっちゃいますね(笑)

 

山の向こうに山。

 

さらに向こうに山。

 

 

この山の下には畑。

 

 

お花も大量に咲いていました。

癒された~~・・・

けど疲れた・・・腰がヤバいです(笑)

歳かな…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*