専門職の失業とお金と時間とアフィリエイト

こんにちは、さきこ。です!

 

最近ダイエットの為に、お酢を飲み始めました!

りんご酢と蜂蜜を混ぜて、牛乳で割るというものなんですが…

ヨーグルトみたいでとてもおいしい!!

お酢は一日大さじ1杯くらいが適量らしいのですが、

このドリンクがおいしすぎて何倍も飲みたい衝動と戦っています(笑)

 

ですが一昨日は友達と鍋…昨日は地元の友人の家へお泊りだったので

食生活がとんでもなく不規則、栄養バランスなんて皆無です…。

なので今日は、お豆腐と納豆のグラタンにでもしようかなーと考えておりました。

もう寒いしね。

 

 

さてさて、さきこ。はしょっちゅう友人宅へお泊りに行っているのですが…

なぜそんなにお泊りに行くのか。

お呼びがかかったり、友人が寂しいというのが主な理由です。

(私は二人暮らしなので寂しいというものはないのです)

楽しいのでいいのですが、馬鹿話ばかりではなく・・・

やはりみんな悩んでいるのが、仕事のこと、なんですね。

 

 

 

以前の記事でも書いたのですが、

私には地元から一緒に上京してきた、美容師の友人がいます。

実家が床屋さんで、お店を継ぐために専門学校へ通い、6年間美容師として働いてきました。

ですが、雇われている、社員として働いている美容師さんは給料も安いらしく…。

成人式なんかの日は、朝は午前3時起きでそのまま着付けやメイクなどをして

通常営業。

閉店後も後輩の練習などを見なければならないらしく、帰ってくるのは日付が変わる前後だそうで。

 

 

まさに、私にはできない生活です・・・。

 

 

ですが安い給料にも関わらず、人間関係や、そんな勤務状況に耐え切れず

彼女は転職を決意しました。

ハローワークに通い、幾度も紹介を受け、やっと見つけた高待遇のお店。

前回のお店よりも給料は良いし、社会保険、定時上がり、週休二日。

面接をして、お店の人もとても印象の良い方だったらしく、そこに決めて今月から出社し始めました。

 

ですが彼女からすぐに「仕事を辞めた」と連絡が入りました。

あれだけ気合が入っていたし、前回のお店も6年間意地でも働き続けてきた彼女。

条件も良いところだったのになぜ!?

本人も落ち込んでいるようでしたし、急いで友人宅へ向かいました。

 

何も食べていなかったので、ご飯を作ってあげて話を聞いていると、

面接時とは全く違う契約内容、どうしてそこまで言われなければいけないんだというほど

彼女が積み上げてきた6年間を踏みつぶす言い方までされたようで。

 

「もう、今の仕事を続けたくない」

 

そこまで思い詰めてしまったようです。

 

 

彼女がこの数年間を費やしてきたものが、一瞬にして壊されました。

 

 

たとえ国家試験で取得した資格でも、こうも簡単に壊れてしまうものなのかと愕然としました。

私の場合は同じ期間を役者として過ごしてきたので

辞めてしまったら何も残らないのは当たり前だと思います。

ですが、必死で勉強して磨いたスキルも、履歴書に書ける資格も、

もう無意味になってしまいました。

 

そしてやめてしまったからには、他の仕事を探す手間と時間がかかります。

同時に、失業手当を申請する、保険や年金の役所手続き…

そして、地元に帰る決意をしたそうなので、住民票などの移転手続き。

住居を探す時間もお金もかかります。

 

職を失ってもなお、大事な人生の時間とお金が

どんどん消費されていきます。

彼女からはため息が絶えませんでした。

 

 

 

介護職や医療職も同じことが言えるのではないでしょうか?

介護職は人が足りないと言いつつ、とても体力を使う大変なお仕事です。

ですが、給料はハッキリ言ってしまえば安い。

人に感謝される仕事だ、とは聞きますが、現実はそんなことばかりではなく。

殆どが人間関係や、その重労働に嫌気がさして辞めてしまう人が多いそうですし、知り合いも、その一人です。

医療関係についても、転職先には困らないとはいえ、大きく時間を割きますし

休日出勤や残業は当たり前。

なおかつハードな仕事です。

給料は良いにせよ、家庭を持つと、女性は両立していくのは本当に大変なお仕事ですよね。

 

 

今まで有利だと思っていた、専門的な資格を持った、専門職。

 

これって本当に安泰で、有利なものなんでしょうか?

 

 

私も一時期、姉の影響で看護師を目指していた時期がありました。

確かにやりがいのある仕事だとは思いますが…

私は私のやりがいや満足感よりも、

こうやって落ち込んでいる友人のもとに駆けつけられるような自由な時間や

生活に必要なだけの給料ではなく、まずは恩返ししたい人がたくさんいるからこそ、お金が必要です。

 

やりがいのある仕事、人に頼られていくのが生きがいだという人はそれで構わないのかもしれません。

反面、そうでない人にとっては

苦痛だったり大きな壁の前に立たされて、永遠にこの壁を登り続けろと言われているようなものだと思います。

 

お金を稼ぐために働いて、その為に人生を削って、友達との時間をけずって…。

そんなことより、自宅で勉強して、自由なお金と時間を手に入れた方が断然良いに決まっています。

 

 

今回の件で、サラリーマンやOLさんなどではなく

武器になる資格を持った専門職の人でさえ窮地に立たさせることがあること。

そういう社会だということを、身をもって痛感しました。

友人には、なんと声をかければよいのか迷いましたが…

この数年間、身を削って頑張ってきたのだから、ゆっくりと自分に合う仕事を探してみたらどうかと伝えました。

 

友人は私がアフィリエイトを実践していることを知っているので

もし困ったことがあれば相談してくると思います。

 

結局は、自由がほしいのに動かない。お金がないのに動かない。

それが自分の人生を苦しめているんだなぁということ。

本当に欲しいものは、自分から掴みに行くものです。

 

自分が欲しいものはなんなのか。

彼女にもそれを明確に見つけて、行動を起こせる日が来るのを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ryouji より:

    いつもありがとうございます!

    確かに今の世の中どんなことがあってもおかしくない環境ですよね。どんなに資格を持っていても安定した仕事が限りなく少ないのが現状です。

    お金も必要ですが、自分が望むことをしたいですね!応援完了です!

    1. さきこ。 より:

      ryoujiさん

      こんにちは!
      いつもお返事が遅くなり申し訳ありません。
      コメント有難う御座います!

      そうなんですよね。
      いくら人材が少ないと言っても、今度は給料が少ない。
      なんて理不尽なんだろうなぁと身に染みました。

      応援有難う御座います!
      自分が望むことを自由にして、生きていきたいですね!

      さきこ。

  2. タケ より:

    さきこ。さん、こんばんは^^

    タケです!

    さきこ。さんがおっしゃる通り、
    今の時代、たとえ専門職であったとしても、
    将来安泰とはいえないですよね!

    職場での人間関係や、自分自身の家庭環境など、
    様々な要因から続けられなくなるときもあります。

    こうした状況で、アフィリエイトに限らず、
    副業からの収入があるだけで、
    気持ちに余裕ができますよね^^

    今回の記事を読ませていただき、
    この先、自分自身で稼ぐスキルを、
    身に付ける必要があると改めて実感しました!

    今後ともよろしくお願いいたします。
    応援完了です!

    タケ

    1. さきこ。 より:

      タケさん

      こんにちは!
      お返事が大変遅くなり、申し訳ありません。

      職場の人間関係が一番大きいのかなぁとも思います。
      結局は他人にダメにされてしまうケースが多いように感じます。
      自分の人生なのに、他人からの干渉でダメになってしまうなんて
      これほど理不尽なことはないなぁと思います。

      自分自身で稼ぐスキルを身につけて、
      自分の身は自分で守れるようにしていきたいですよね。

      応援有難う御座います!
      こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします!

      さきこ。

  3. spoon より:

    こんにちは。

    本当に欲しいものは、自分でつかみに行くって、納得です。
    周りから、どんなにいいものをもらっても、一時の満足でしかないんですよねー。

    1. さきこ。 より:

      spoonさん

      初めまして、こんにちは。
      お返事が遅くなり申し訳ございません。
      訪問並びにコメント有難う御座います!

      結局は自分でつかみに行く行動力。
      そして、掴むまでの継続力が必要なんだなぁと思います。
      勉強しても行動に移さないと全く自由が手に入らないのと同じですよね。

      自分の身は自分で守る。
      その為に自分で稼ぐスキルを身につける。
      自由への道も、自分で進んでいきたいですよね。

      コメント有難う御座いました!
      また遊びにいらしてくださいね!

      さきこ。

  4. 大橋 より:

    こんばんは。
    ツイッターから来ました。

    確かに専門職って優遇されない時代になってきましたね。

    僕もメチャクチャ資格を持ってるんですが今は全く使ってないです。

    正直意味が無いという^^;
    共感しました。

    1. さきこ。 より:

      大橋さん

      初めまして、こんにちは!
      ツイッターからの訪問、並びにコメント有難う御座います!

      やはりそうなんですよね…。
      別の友人は介護職から、薬剤師の資格を取ろうとしています。
      応援はしていますが、本人が楽しく働けるように祈る次第です。

      そういった仕事も、いずれは機械化されてしまう仕事ですよね。
      あらゆる資格が意味のないものになってしまいそうです。

      共感有難う御座います。
      また遊びにいらしてくださいね。

      さきこ。

  5. こるぼ より:

    さきこさん、おはようございます。
    身につまされるお話ですね。
    確かに資格があっても、
    条件のよい環境に恵まれなくては、
    スキルを生かせないケースは
    少なくありません。

    雇われずに稼ぐ方法を
    構築するのにはネットは
    一つの選択肢になりますね。

    ありがとうございます。

    1. さきこ。 より:

      こるぼさん

      初めまして、こんにちは。
      訪問、並びにコメント有難う御座います!

      本当に、愕然としてしまいました。
      美容師はただでさえ給料が安いとぼやいていた友人ですが
      こんなにも簡単に職を失うものかと、友人も落胆していました。
      やはり、良い環境の職場に巡り合うのは、容易なことではありませんね…。

      自由への道として、自分の身を守る術として、
      今後ネットがなくなることはないと思いますので
      武器になると思います。

      こちらこそ、ご訪問有難う御座います!
      また遊びにいらしてくださいね。

      さきこ。

コメントを残す

*